フリーターの面接対策とコツ!服装、質問と回答例

仕事がつまらなくて精神的に苦痛になる5つの理由と対処法

#コラム

仕事がつまらないと感じたことはありますか?
仕事がつまらないどころか、苦痛だと感じている場合もあります。
なぜ、そう感じてしまうのか。

今回は、仕事がつまらないと感じる理由と、その対処法をお伝えします。
いくつかご紹介する理由の中で、自分に該当するものがあるはずです。

仕事がつまらない、苦痛だと感じる理由を分析して、理由に合った対処法を実践してみてください。

仕事がつまらないと感じている現状を、行動することで変えていきましょう。

仕事がつまらないのは当たり前?

身の回りの人に「仕事は楽しいですか?」と聞いてみたとします。
返ってきた答えとして「仕事が楽しくてしょうがない!」という人は、少ないです。
ほとんどの人が「仕事はつまらない」もしくは「どちらでもない」と答えます。

転職サイトなどが行なっているアンケートで、同じように「仕事は楽しいですか?」と質問していることがあります。

そこでも、結果は、同じです。
約半数の人が「仕事が楽しくない」と回答し、仕事に不満を抱えています。

つまり、仕事がつまらないのは当たり前なのです。
自分だけがこんな気持ちを抱えている、他の人は楽しくやっていると感じる必要は、全くありません。
多くの人が、仕事に対して多少の不満を抱えているのです。

例えば、仕事にやりがいを感じられず、つまらないと感じている人は、たくさんいます。
そう感じているうちに仕事が苦痛になっていきます。

仕事が苦痛になる5つの理由と対処法

仕事が苦痛に感じてしまうのには、理由があります。
しかし、理由がわかればそれを解決して仕事の苦痛から抜け出すことができるのです。

ということで、ここからは、仕事が苦痛になる5つの理由と、その対処法をご紹介します。
これを参考に、仕事の苦痛から抜け出しましょう。

やらされ感がある

1つ目は、やらされ感があるためです。
理由としては、言われたことをそのとおりにこなす仕事が多いからです。1日の仕事の中で、この割合が増えるほど、やらされ感も増えていきます。

もう一つ、理由があります。
それは、がんばって仕事をしても、ほめられなかったり、評価されないことがあるからです。

評価されないと、仕事に対してのやりがいを感じることができません。
やりがいを感じられない分、やらされ感が強くなってしまいます。

対処法は、自分で目標を決めてスキルアップを目指すことです。
自分で決めた目標を達成することで、スキルが上がりますし、達成感を得られます。
このスキルアップと達成感が、やりがいを生んで、やらされ感をなくしてくれます。

たとえ、上司や先輩など、周りの人に評価してもらえなくても、やりがいを感じられるので問題ないです。

人間関係で精神的ダメージを受ける

2つ目は、人間関係による、精神的ダメージがある場合です。
理由としては、パワハラやセクハラなどがあたります。

最近ではすぐに「〇〇ハラスメントだ!」と言って訴えるような世の中になってきました。
しかし、誰もがそう言った声をあげることができるわけではありません。

我慢をして精神的苦痛を感じている人もいるのです。

ハラスメントを受けていなくても、同僚や上司との人間関係がうまくいっていないと苦痛を感じます。

人間関係がうまくいっていないと、職場での居場所がなかったり、常に気を張った状態になってしまいます。

この状況を変える方法は「接し方を変える」です。
これまで表に出していなかった本音をぶつけてみたり、言われたことの意味を考えてみましょう。

実際には、自分のことを思って言っている場合もあります。

暇すぎて苦痛

3つ目は、仕事が暇すぎることです。
具体的には、入社したての新人の頃は、できる仕事も少なく、暇な時間ができてしまいます。

任される仕事も簡単なものばかりですぐに終わってしまいます。
さらに、仕事を教えてくれる教育担当の人が、忙しい人の場合、忙しくてなかなか指示をもらえません。

指示がもらえないとできることがないので、暇になる、というわけです。
また、業種によっては、時期によって仕事の量に波があり、閑散期には仕事が少なくなります。

閑散期でなくても、会所の業績が悪く、仕事がないという場合もあります。
対処方は、自分で仕事を探すことです。

例えば、手伝えることがないか聞いたり、雑用を率先して行ったり、ファイルや書類の整理などの環境整備を行うことが挙げられます。

これで、空いた時間もやることがあるので暇になりません。

興味がなさすぎる

4つ目は、仕事に対して興味がなさすぎることです。
就職活動や転職活動の中で、自分が入りたいと思った会社や、やりたいと思った仕事を見つけて就職したかが問題です。

ここで、やりたい仕事が見つからなかったり、予定していた会社に入れなかったとします。
その場合、今の仕事は「仕方なく」「なんとなく」で就職した会社ということになります。
それでは、仕事に興味がなくても当然です。

仮に、入りたい会社に入ったとしても、入社後にギャップがあると、興味がなくなってしまうこともあります。

対処法は、スキルアップできないか考え、転職を視野に入れることです。
自分がスキルアップすると興味が出てくることもあります。

しかし、そうでなければ転職して興味のある仕事につくことで解決できます。

単純作業ばかり

最後に5つ目は、仕事が単純作業ばかりだからです。
単純作業が続くと、そのうち飽きてしまいます。

そんな状況が続けば、だんだんと仕事を苦痛に感じてきます。
さらに単純作業のほとんどは、誰にでもできる仕事です。

単純作業をしていても、自分の価値が上がることは少ないですし、まわりからもあまり評価してもらえません。

自分にしかできない作業や、他の人がやらないような作業をやることで、評価してもらえるからです。

そんな時の対処法は、キャリアアップしたい気持ちを上司に相談することです。
キャリアアップを目指すことで、新しい仕事、より難しい仕事を任されるようになります。
そうすると、評価が上がったり、やりがいを感じることができます。

苦痛でしかないなら辞めて転職するべき

現在の仕事をしていて、苦痛でしかないのであれば、辞めて転職するべきです。

苦痛を感じ始めた頃は、対処することができても、苦痛しか感じないのであれば、改善するのは難しいです。

なぜ、転職を進めるのか、その理由と、転職する前に考えてほしい注意点をご紹介します。

うつになりそうなくらい苦痛なら、続ける必要はない

うつになりそうなくらい苦痛を感じているのであれば、今の仕事を続ける必要はありません。

なぜなら、そのままうつになってしまい、体を壊したり、精神的な問題が起こったとしても会社は責任をとってはくれません。

一度、体や精神を壊してしまうと、簡単には治すことができないからです。

そうなってしまってからでは遅いので、その前に環境を変えて、自分の身を自分で守る必要があります。
環境を変えるには、転職するのが確実です。

人間関係の問題であれば、会社を変えることで、1から人間関係を作りなおせます。
業種が合わなかったのであれば、違う業種に転職することで、仕事環境を変えれます。
うつになる前に、早めに転職を考えてみましょう。

なんとなく転職しても同じ失敗を繰り返す可能性大

先ほど、転職することをおすすめしましたが、何も考えずに転職してしまうと、失敗する可能性があります。

あせって転職するのではなく、計画的に準備を進めて、転職で失敗しないようにしましょう。

まずは、現在、どうして苦痛を感じているのか、その理由を分析することが重要です。
その理由によって、似た業種の違う会社なのか、全く別の業種なのか、仕事の探し方が変わってきます。

その中で、自分はなにがやりたいのか、なにを目標にこれからがんばっていくのかを明確にしましょう。

これが決まっていないと、また仕事を苦痛に感じるようになってしまうので、同じことの繰り返しです。

転職する前に、上記のことをよく考えて準備するようにしましょう。

まとめ

今回は、仕事がつまらない、苦痛に感じる理由やその対処法をご紹介しました。
最初にもお話ししましたが、仕事がつまらない、苦痛に感じている人は多くいます。

しかし、その状態で我慢を続けていたり、どうしたらいいのかわからないという人がほとんどです。

今回ご紹介した、苦痛になる原因や理由の中に該当するものがあれば、対処することで、軽減できます。

そのまま我慢するのではなくて、ぜひ行動して環境を変えてみてください。
もし、うつになりそうなくらい苦痛を感じていて、どうにもならない場合は、転職を視野に入れてみましょう。

そのまま、うつになってしまうと、治療に長い時間がかかりますし、完治するかもわかりません。

そうなる前に転職して、環境を変えましょう。
とにかく行動に移すことで、環境は変化します。

そのまま、我慢し続けてもいいことはないので、対処法を実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました