フリーターの面接対策とコツ!服装、質問と回答例

中卒でも転職を成功を!転職活動で苦戦する理由と対策を解説

中卒 転職 成功 #転職/就職

中卒だから、転職を成功させるのは難しいと感じている人は多いです。
そこで、今回の記事では中卒が転職に苦戦する理由やその対策をご紹介します。

理由と対策がわかれば、転職も難しくなくなります。
準備をしっかりとして万全の体制で転職活動にのぞみましょう。

中卒でも転職成功は可能!

最終学歴が中卒だからといって転職をあきらめていませんか?

しかし、中卒でも転職成功は可能です。
今の仕事の給料に満足していますか?
転職することで、今よりも給料が上がる可能性があります。

今の仕事で手にした技術を活かして、より待遇のよい仕事につくということです。
他にも、新たなキャリアを歩むことができたり、人間関係を新たに構築できます。
人間関係に不満がある場合も、転職で解決することができるのです。

現在の仕事が苦労してついた仕事であれば、やめにくいこともあります。
しかし、あらたに挑戦することでさらにいい仕事に就ける可能性があるのです。

中卒の人が転職活動で苦戦する理由と対策

転職は簡単にできることでは、ありません。
特に中卒の人の場合は、経歴で判断されて苦戦しがちです。

しかし、苦戦するのにも理由があります。
この理由がわかれば、対策を立てることも可能です。
しっかりと対策を立てることで、就職成功の確率が上がります。

そんな苦戦する理由とその対策をご紹介します。
転職活動は、しっかりと対策をして行いましょう。

企業が抱く中卒へのイメージ

企業側が中卒の人に抱くイメージは、決していいものではありません。

例えば
「忍耐力がなく、すぐにあきらめてしまう」
「問題があれば、すぐに逃げ出してしまう」
「学ぶことが苦手」
上記のようなイメージを抱いている場合が多いです。

もちろん、全ての人がこのイメージに当てはまるわけではありません。
しかし、こういったイメージを持っている人がいるのも事実です。
対策をすることで、もし相手がよくないイメージを持っていても自分は違うというアピールができます。

それによって転職成功率を上げることができます。

イメージ対策

これからご紹介するイメージ対策は、中卒の人に限ったことではありません。

しかし、この内容がしっかりできているかどうかで、相手に与える印象は大きく変わります。
その内容は、履歴書の「志望動機」や「自己PR」欄に下記を踏まえて記入することです。

  • 企業が求める人材を踏まえて、自分の仕事上の強みや興味
  • 将来のキャリアビジョン
  • 自分が実現・貢献できること

この内容が含まれていることが重要になります。
これは、履歴書だけでなく、面接時にも同じような質問をされます。
ですので、口頭でもしっかりと伝えられるように内容をまとめておきましょう。

この時、過去に対する言い訳ではなく、将来的な自分のビジョンをポジティブに伝えるのが重要です。
これがまとまっていれば、自分の将来や会社のことをよく考えているなという印象を与えられます。

中卒で応募できる求人が限られる

中卒の人が応募できる求人は「学歴不問」の求人です。
それ以外の学歴が必要な求人は応募できないので、中卒の人は制限があると言えます。
とは言え、学歴不問の求人は探せば確実にあります。
全くないということがありません。

学歴不問の求人は、製造業や接客業、営業などの求人が多いです。
製造業は、入社後に技術を身につける必要があり、学歴はあまり関係ありません。
接客業や営業は、人とのコミュニケーションといった学歴とは関係のない部分が必要な職業だからです。

中卒でも応募できる求人はありますが、他の人に比べて求人が限られます。

求人数への対策

求人数が限られてしまう中卒の人ですが、求人数を増やす方法があります。

それは、正社員だけでなく、派遣社員を転職の選択肢に入れることです。
多くの人は、正社員として就職することを考えますが、派遣社員という選択肢もあります。
派遣社員も選択肢に含めることで求人の幅が広がり、求人数も増えます。

また、就職した職種に必要な資格を取得することで、転職成功しやすくなるのです。
学歴は不問だが特別な資格が必要といった職業の場合には、資格を習得することで求人の幅が広がります。
特別必要な資格でなくても仕事に活かせる資格を持っていれば、自己アピールになって就職が成功しやすくなります。

とにかく、求人の幅を広げて、より多くの求人に応募することが重要です。

転職の選択肢に派遣社員を!

先ほど、求人の幅を広げる方法として派遣社員を選択肢に入れることをご紹介しました。
派遣社員であれば、これまであきらめていた企業や業界も選択肢に入れられます。

希望の企業へ就職できなくても、派遣社員として希望していた企業で働くことは可能です。
さらに派遣社員は、様々な業種で働くことができます。
そのため、やってみたかった職業で働くこともできるのです。

そして、派遣社員は次に正社員へ転職するステップの一つになります。
いずれは正社員として働きたいと思っている人も、まずは派遣社員として技術や経験を得ることができるのです。

今回はそんな派遣社員のメリットとデメリットをご紹介します。

派遣社員に転職するメリット

派遣社員のメリットというと

  • 派遣社員は、「学歴不問」や「未経験歓迎」などの求人が多い
  • 大企業で働ける可能性がある
  • 派遣先の企業での経験が、その後の転職に活きる
  • 勤務地や勤務時間などを自分で選択できる

上記のような求人の多さと様々な経験が得られることです。
派遣社員であれば就職できる可能性も高くなります。
さらに、様々な企業を経験できるので、大きな強みになります。
そしていずれは正社員として就職することができるのです。

派遣社員に転職するデメリット

逆に派遣社員のデメリットとしては

  • 派遣期間に上限がある
  • 正社員とは待遇が異なる
  • 社会的な地位が低く見られることがある

上記のような契約内容の違いや社会的地位の低さです。
派遣期間が終わってしまえばもうその仕事をやることはありません。
さらに次の派遣先が決まっていなければ、空白の期間が生まれる場合もあります。
もちろん正社員とは待遇が違うので、給料や有給の取りやすさなどに違いが出てきます。

社会的地位も低くみられる場合があるので、弱い立場になってしまうことがデメリットです。

中卒の人が転職を成功させるには転職エージェントを利用すべき

中卒の人が転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、全て無料で利用することができます。
すでに働いているので「昼間は忙しい」「なかなか時間が取れない」という人でも、夜間に面談の対応をしてくれるので安心です。

転職エージェントでは、就職のプロに相談することができるのもポイントです。
プロだからこそできる、ためになるアドバイスがもらえたり、一緒に対策を立ててくれることもあります。

そして、担当者が自分のことを営業してくれるので、選考に有利に働く場合があります。
さらに、転職エージェントは非公開求人を持っているので、思わぬいい求人を見つけることもできるのです。

これらがすべて無料なのです。
なかには書類選考をパスしてそのまま面接にいける転職エージェントもあるので、スピーディーに転職活動を進めることができます。
すぐにでも転職したい方におすすめです。

まとめ

中卒の人が転職を成功させるのは、簡単なことではありません。
しかし、全く転職できないというわけではありません。
中卒の人が転職を成功させることはできます。
中卒の人が転職で苦労する理由を理解して、その対策をすることで成功率が上がります。
今回は、2つの理由と対策をご紹介しました。

1つ目は、中卒に対してよくないイメージを持っている人がいるということです。
履歴書や面接で、そんなイメージと自分は違うというのをアピールしましょう。
特に面接時には、わかりやすく話を伝えられるように事前に内容をまとめておくとよいです。

2つ目は、応募できる求人が少ないということです。
派遣社員を選択肢にいれてみたり、資格を取って求人の幅を広げましょう。

幅を広げることで、転職成功の確率を上げられるのです。
派遣社員は次の正社員へ転職するステップとして考え、経験や技術を身につけましょう。
転職を成功させるには、転職のプロである転職エージェントを活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました