フリーターの面接対策とコツ!服装、質問と回答例

中卒の無職でも仕事はある!就職するための方法と仕事を解説

中卒 無職 #転職/就職

中卒で無職という人は、就職がむずかしいです。
経歴によって選べる職業も少なくなってしまいます。
しかし、就職できないというわけではありません。

中卒の無職でも就職することができるのです。

中卒の無職から就職するためにとるべき「行動」や就職しやすい職業をご紹介します。
まずは、就職を成功させるためにどうすればいいのかを知りましょう。

そして「行動」することで就職成功を手に入れましょう。

中卒の無職に仕事はある!

一言に「中卒無職」と言っても、それまでの経歴や経験はさまざまです。
例えば、中卒してから現在までアルバイトを含め、働いた経験のない人もいます。
もちろん、アルバイトや派遣社員として働いた経験のある人もいます。
中には、正社員として働いていた経験のある人もいるのです。

過去の経験に差があっても、大丈夫です。
働いた経験がある人もない人も就職のチャンスは同じようにあります。

就職のチャンスをつかむためのポイントは「学歴不問」「未経験歓迎」の求人です。

学歴不問の求人であれば、学歴は関係ないので中卒であっても応募することができます。
未経験歓迎の求人であれば、これまでに働いた経験のない人も新しい職種に挑戦する人でも応募することができます。

このようにポイントをおさえることが重要です。
求人を探すときには、ポイントをおさえているものを探しましょう。
そうすれば、応募できる求人を見つけることができます。

無職から抜け出すための第一歩

無職の状態から抜け出すのは、簡単ではありません。
無職の期間が長いと、その分抜け出すのも大変になります。

無職から抜け出すには、たくさんのエネルギー必要だからです。

一気に身の回りの環境を変えるのはむずかしいので、まずはできることから変えていきましょう。
少しずつ身の回りの環境を変えることで、一度に使うエネルギーが少なくなります。
そうすれば、途中でいやになってやめてしまう可能性が低くなるのです。
では、具体的にどんなことから変えていけばいいのかをご紹介します。

生活習慣を見直そう

無職の人の多くが夜型の生活をしています。
元々は規則正しい生活をしていた人も、だんだんと夜型の生活になってしまいます。
その原因は、ゲームなどで夜更かしをしてその分、昼間に寝るというサイクルです。

このサイクルを繰り返していると、どんどん夜の活動時間が長くなり、昼間の活動時間が短くなってしまいます。
これでは昼間に働く仕事は大変です。
まずは、規則正しい生活を心がけましょう。
昼型の生活に戻れば、昼間でも問題なく働くことができます。

規則正しい生活が、無職から抜け出す第一歩になるのです。

未来の自分を思い描こう

未来の自分の姿を想像してみましょう。
5年後の自分が今と同じ生活をしていたらどうですか?
「5年後も同じなんて嫌だ!」と思ったら行動しましょう。

未来の自分の姿を想像することがモチベーションにつながります。
それでは、1ヶ月・3ヶ月・半年・1年先のなりたい姿を想像してみましょう。
このとき、できるだけ具体的に想像するのが大切です。
具体的な期間と姿が想像できたら、あとはその姿に向かって行動していきましょう。

今の姿から変わりたいという気持ちをあれば続けることができます。
少しずつでいいので変わるために行動していきましょう。

中卒の無職でも就職しやすい仕事

世の中にはさまざまな仕事があります。
その中には、学歴や職歴がなくても就職しやすい仕事もあります。

学歴や職歴が必要ないので、中卒でも無職でも就職しやすいということです。

ここからは、そんな学歴や職歴がなくても就職しやすい仕事をご紹介します。

建設現場の作業員

建設現場の一作業員として働くには、学歴や職歴が求められないことが多いです。
建設現場と聞くと、建築に関する知識や資格が必要そうなイメージがあります。

しかし、資格が必要になってくるのは現場を管理したり、図面を書いたりする人たちです。
そのため、現場で働く作業員には資格や知識がないといけないというわけではありません。
学歴や職歴がなくても問題ないということです。
さらに作業員の人手不足問題もあります。

人手不足解決のために多くの求人が出ていますので、就職のチャンスになります。

介護職

介護職も深刻な人手不足が起こっています。
そのため、学歴や職歴が求められないことが多くなっています。

その分、中卒の人にもチャンスがあるということです。
介護職は、体力を必要とする仕事ですので、体力に自信のある人におすすめです。
介護職には資格がありますが、就職の時にはなくても問題ありません。
就職後に実際に働きながら資格を取ることもできます。
試験に必要な費用を会社が出してくれることもあるのです。

そのため、資格がなくても就職することができます。

就職のプロが就職活動をサポートしてくれる

中卒で現在無職の場合には、どうしても就職がむずかしくなります。
特にこれまで働いた経験のない人は、経歴にハンデがあると言えます。

そんな時に頼りになるのが、就職のプロの存在です。
プロに頼ることで、就職を成功させやすくなるのです。
履歴書や面談などから自分にあった求人を見つけてくれます。

さらに、面接時の対策を教えてくれたり、失敗した時の原因を一緒に考えてくれます。
プロから力を借りることによって、就職できる確率はグンと上がるのです。

ハローワーク

ハローワークの特徴は、店舗数の多さです。
全国に500箇所以上も店舗があります。
店舗数が多いのでほとんどの地域には、近くにハローワークがあります。

そして、最寄りのハローワークから全国にある求人を閲覧することができるのです。
地元だけでなく、広い範囲で仕事を探すことができます。
全国の求人が見れるので、多くの仕事を探せるということです。
求人数が多ければ、それだけ中卒で無職の人でも応募できるものが見つかりやすくなります。

さらに、ハローワークでは職員の方が就職をサポートしてくれます。
条件を話すことで自分にあった求人を一緒に探してくれるのです。
一人で探すよりも、プロにお願いして探してもらう方が、早くいい求人が見つかります。
求人を探す以外にも、面接対策なども行ってくれるので就職できる確率が高くなります。
お近くにハローワークがあれば、ぜひ一度足を運んでみてください。

就職エージェント

転職エージェントの特徴は、すべての機能を無料で利用できることです。
転職エージェントを利用すれば、就職のプロに相談できます。

夜間でも面談に対応してくれるので、忙しい人でも問題なく利用できるのもポイントです。
まずは、担当者と面談して経歴や希望する仕事などを確認します。

面談後は、担当者が自分のことを営業してくれるので、自分で探す必要が無いのです。
面談の内容から自分にあった求人を見つけてくれます。
さらに、転職エージェントは一般に公開されていない「非公開求人」を持っています。
非公開求人の中には、これまで苦戦した求人探しを解決することができるものもあるのです。

なかには、書類選考をパスしてそのまま面接にいける就職エージェントもあります。
最初にお伝えしたように無料で利用できるので、一度登録することをおすすめします。

就職成功に必要なのは「行動」と「あきらめない気持ち」

就職を成功させるカギは、とにかく「行動」することです。
今回ご紹介したように、中卒で無職でも就職先や求人はあります。
中卒で無職だからといって、就職できないということはないのです。
しかし、自分で求人を探すのには限界があります。
そんな時は、ハローワークや就職エージェントを使いましょう。
求人の数も多いですし、自分にあった仕事をプロが探してくれます。
まずは、できるだけたくさんの求人に応募してみましょう。
すぐに就職が決まらないこともありますが、あきらめてはいけません。
「必ず就職するんだ!」という気持ちを持って行動することが重要です。
不採用でも、あきらめずに「行動」を続けることで就職成功の確率が上がります。
行動を続ける中で、不採用になってしまった原因を考えて改善することも大切です。

改善するときも、ハローワークや就職エージェントではアドバイスをしてくれますので利用してみましょう。
原因を改善することでより、就職しやすくなります。
就職するまであきらめずに行動しましょう。

まとめ

今回は、中卒の無職でも就職できるのかをご紹介しました。

結論を言いますと、中卒の無職でも就職できます。
まず、無職から抜け出すためには、生活習慣の改善と将来を思い描くことが重要です。

夜型の生活をしている人は、昼間に仕事ができるように昼型の生活を心がけましょう。
そして、1ヶ月後〜1年後までの「なりたい姿」を具体的に想像しましょう。

そうすれば、少しずつ現状を変えていくことができます。
たくさんある仕事の中には、中卒無職でも就職しやすいものもあります。
さらに、就職のプロにサポートをしてもらうことで、就職成功率が上がるのです。

不採用になってもあきらめずに「行動」を続けることで就職を成功させることができます。
就職するまでの道のりは、簡単なものではありませんが行動を続ければ結果がついてきます。
あきらめずに行動を続けましょう。

タイトルとURLをコピーしました