フリーターの面接対策とコツ!服装、質問と回答例

既卒が就活を成功させるための必須ポイント4選

既卒 就活 成功 #転職/就職

既卒だと就活が不利になると思っている人が多くいます。

確かに新卒に比べると不利な面もあります。
だからと言って、就職を諦める必要はありません。
これからご紹介する「就活を成功させるための必須ポイント4選」をおさえれば就活を成功させるための方法を知ることができます。

そして、この方法を実践することで就活成功率がグンッと上がります。

ぜひ、この4つのポイントを実践してみてください。
既卒であっても就職することができるのです。

既卒でも就職は成功する!

既卒は就職に不利と言われますが、やり方次第で就職することができるのです。

就活する際には、就職サイトエージェントの活用が重要です。
最近では、既卒向けの就職サイトやエージェントが増えています。

これらが増えているのは、それだけ既卒に対する需要が高まっているということです。
既卒向けの就職サイトやエージェントでは、既卒に限定した求人や既卒に理解のある企業を見つけることができます。

これらの求人があるので、就職もしやすくなっているのです。
さらに、国としても既卒が就職できるように力を入れています。
奨学金制度を作ることで既卒が就職できるように手助けをしているのです。
例えば、三年以内既卒者等採用定着奨励金の制定などがあります。

これらの状況から、既卒でも就職しやすい環境ができてきていると言えます。

大手企業への就職が成功する可能性もある

大手企業でも既卒の採用を行なっています。
なので、大手企業への就職も可能ということです。

これは、新卒に内定をけられてしまった企業や若手人材を確保したい企業が意外と多いためです。
新卒に内定をけられてしまうと、予定していた新入社員を確保することができなくなります。
そうすると、新入社員を確保するために既卒の採用枠が増えることになり、就職しやすくなります。

さらに、若手人材を確保したい企業は、新卒だけでなく既卒も含めて採用することが多いです。
これは、既卒も採用することで若手人材を確実に確保したいからです。

つまり、既卒だからといって大手企業への就活を諦める必要はありません。

就活を成功させるための必須ポイント4選

既卒でも、大手企業に就職することができます。
しかし採用枠が増えているといっても就職が成功するかは、わかりません。

ここからは、就職を成功させるための必須ポイントを4つご紹介します。
このポイントをおさええれば就活を有利に進めて、就職を成功させることができます。

とにかく早く行動する

1つ目のポイントは、卒業後なるべく早く行動に移すことです。
新卒が就職しやすいことからわかるように、卒業後からの期間があいてしまうとどんどん不利になってしまいます。
卒業後からの期間が短い方が企業からの印象もよく、就職しやすくなります。

なので、就活は早めにはじめましょう。
既卒で就活がうまくいかない原因で最も多いのが、応募をあまりしていないことです。

応募が少ないと成功する確率も低くなってしまいます。
少ない応募で就職を成功させようとしているので、うまくいかないのです。

たくさんの応募を行うことで、いずれかの企業に就職できる確率が上がります。
これを卒業後、できるだけ早い時期に行うことで就職を成功させやすくなります。

なので、とにかく早く行動しましょう。
すでに、卒業後の年数がたってしまっている人も諦める必要はありません。
そう感じたのであればそこからできるだけ早く行動に移すようにしましょう。

既卒歓迎、未経験者歓迎の求人をねらう

2つ目のポイントは「既卒歓迎」「未経験者歓迎」と書かれている求人に応募することです。
これらが書かれている求人を狙うことで、内定をもらいやすくなるのです。
職歴や経験が必要ないというのをあらわしているので、既卒であっても問題なく応募することができます。

また、入社後にノウハウをしっかりと教えてくれるところも多く、若い人を求めている傾向にあります。
なので、既卒であっても出来るだけ若いうちに応募をして就活を行うのがよいです。

そうすることで、より企業の求める人材として認識してもらえるのです。
さらにこの条件の求人は、人柄や意欲を重視する傾向にあります。

そのため、職歴や経験との関係性が低いと言えます。
就職活動の際は、仕事や企業に対しての意欲や熱意をアピールしていきましょう。

面接対策をしっかり行う

3つ目のポイントは、人柄や意欲をアピールするために面接対策をしっかりと行うことです。

先ほどお伝えしたように「既卒歓迎」「未経験者歓迎」と書かれている求人では、人柄や意欲を重視する傾向があります。

人柄や意欲を判断するために重要になるのが「面接」です。
面接で直接話をすることで、採用するかどうかが決まります。
なので、既卒の就活において、面接は最も大事な場面ということになります。
面接対策をしっかりと行いましょう。

まず、面接で絶対に聞かれるのが「なぜ既卒になったのか」という内容です。
この質問に対してどう答えるのかをしっかりと準備しておく必要があります。

このとき、大切になるのが後悔や失敗を認めることです。
後悔や失敗をふまえて、どうしていきたいかをアピールするのが大切です。
アピールすることで意欲のある人材だと評価してもらえます。

面接で話すときには、簡単にまとめてわかりやすく伝えるようにしましょう。

とにかく応募!興味のある求人をできる限り集める

就職を成功させる最後のポイントは、とにかくたくさんの求人に応募することです。
とにかく応募することで、内定の可能性を高められます。

求人はハローワーク、転職サイト、エージェントなど複数の媒体を利用しましょう。
どれか一つだけを使っても求人の数が限られてしまいます。
しかし、複数を利用すれば求人の数も増え、様々なサポートを受けることができます。

例えば、ハローワークやエージェントでは、面接対策や書類の添削を行ってくれるのです。
ここでの対策や添削の内容を他の応募でも活用することができます。
このように複数の媒体を利用すれば、いいとこ取りをすることができます。

こうして、よりよい書類で応募して、面接の対策もできるので内定をもらえる確率をあげることができるのです。

まとめ

今回は、既卒が就活を成功させる方法をご紹介しました。
既卒が就活を成功させるためには、やり方が重要です。
やり方次第で成功する確率をあげることができます。

新卒を比較すると不利な面もありますが、最近では既卒の採用に前向きな企業が増えてきているのです。
そのため、既卒の採用枠を増やしている企業も多くなっています。
今回ご紹介した就活を成功させるための4つのポイントがとても重要です。

  • 卒業後の期間が短い方が有利なので、とにかく早く行動をする
  • 職歴や経験が必要ない「既卒歓迎」「未経験者歓迎」の求人を狙う
  • 人柄や意欲をアピールするために、面接対策をしっかり行う
  • 複数の媒体のいいとこ取りをして活用しながら、とにかくたくさん応募する

以上の内容をおさえて就活にのぞんでみてください。
この内容をおえればで就活の成功率を上げることができます。

さらに、自分がやりたいと思っている仕事につくことができます。
既卒だからと諦めずにチャレンジしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました